若い世代に向けた面接手法

面接

最先端の手法を導入

企業によっては様々なシステムを導入し、企業の業務効率化を図る事がありますが、人事部や採用担当にとってビデオ面接システム導入を急ぐ企業が増え、現在大手企業を中心に注目を集めています。特に年間を通して多くの採用を手掛ける企業にとっては、いかに効率良く面接を行うのかはとても重要であり、ビデオ面接は非常に効果的な手法と言えるでしょう。ビデオ面接はパソコンやスマートフォンを使って簡単に面接が出来るため、特に若いデジタル世代の採用には大きな効果をもたらします。デジタルに対してあまり抵抗が無い世代にとっては、自宅から面接が出来るビデオ面接を好む傾向にあり、その企業が最先端の技術を導入しているというプロモーションにも繋がるでしょう。面接官もデスクに座りながら簡単に面接が出来ますので、面接の効率化を促進する事が出来ます。ビデオ面接のシステムを販売する企業も多く、使いやすさやユーザビリティが優れたサービスの利用が重要となりますので、まずはいくつかのシステムを比較し、どのサービスが最も使いやすく、かつ料金も比較した上で検討すると良いでしょう。ビデオ面接は接続環境が良い事も重要となり、応募者の顔が鮮明に見える事も重要なポイントの一つです。そして応募者が面接をしやす環境である事も必要ですので、実際に面接官と応募者の両社のユーザビリティから検討すると良いでしょう。今後もデジタルに関しては、若い世代を中心に広がっていくと予想されますので、是非今の段階からビデオ面接の導入を検討し、より効率化された人材確保へと取り組んでみると良いでしょう。

Copyright© 2017 業務効率をアップさせよう|スケジュールソフトを利用する利点を調査 All Rights Reserved.